花(グリーン)に対する「正しい愛情のかけ方」とは?

■大切な人から贈られたお花(グリーン)や、

 自ら思いを込めて選んだお花(グリーン)を飾るとき、

 そのお花(グリーン)たちにとって、

 「一番心地良い(と思われる)場所を用意したい!」

 生花なら、

 「一日でも長く美しい姿を保ってあげたい!」



 ふと、そんなことを思います。


■贈ってくださったことへの感謝の思い、

 相手を歓迎する気持ち、

 相手に対するおもてなしの心は、

 時に、

 飾る花(グリーン)に凝ってみたり、

 飾り方をちょっと工夫してみるだけで、

 思いがけずそこを訪れる人たちの心を癒し、

 慰め、さらには満たして、

 あなたにも幸せな時間を届けてくれたりするものです。

■一つの花束が、

 あるいは一輪の花(一本のグリーン)ですら、

 何気ない日々の暮らしを

 一瞬にして「永遠の記憶」に変えてしまうほど、、、


■ずっと

 「記憶に残るシチュエーション」や「心を打つサプライズ」などは、

 お花(グリーン)を贈る人、お花(グリーン)を選ぶ人の、

 素直で真っ直ぐな気持ちがそのまま全て、

 お花(グリーン)を通してそれぞれの大切な方々(の心)に届き、

 心に留められたものでもあるのでしょう!


花(グリーン)に対する「正しい愛情のかけ方」とは? フラワーデザイン京都


■人の思いは目に映らないからこそ、

 人の思いを伝える手段として、

 お花(グリーン)がその役目を果たしてくれているのかもしれません。


■ただ、

 そのお花やグリーンは

 たとえ辛い環境下にあってさえ、

 文句も言わず、ただひたすらにその状況を受け入れます。

 と同時に、

 私たちが愛情をかければかけた分だけ、

 時には(驚くことに!)それ以上に、

 私たちの気持ちに応えてくれる「生き物」でもあるのです。

■お花やグリーンがますます色づく「秋」にこそ、

 ぜひ、その事実を、

 あなたのその目で確かめてみてはいかがでしょうか?!

 私(みやび)が必ずや、

 あなたのお役に立てるものと自信をもってお届けする「ケア」がコチラ(↓)。


【より美しく!より長く!、、みやび流「切り花」を通年楽しむための必須ケア!】


■大切な人から贈られたお花(グリーン)や、

 自ら思いを込めて選んだお花(グリーン)を飾るとき、

 そのお花(グリーン)たちにとって

 そのとき一番心地良い(と思われる)場所をご用意され、

 一日でも長く美しい姿を保ってあげられるように、、、

■それでは、【 花楽(かがく)の時間 ~第92時限 】
最後までお付き合い下さりありがとうございました





【この記事を書いた人】

フラワーデザイナー みやび美歩
「花(グリーン)を通して、日々の暮らしを心豊かに」をモットーに、関西を中心に個展や展示会、ワークショップを開催中。
・アーティフィシャルフラワーデザイナー協会(AFDA)認定デザイナー
・公益社団法人 日本フラワーデザイナー協会 (通称NFD ) 正会員
>>詳細プロフィール 続きはこちら

フラワーデザイナー みやび美歩




コメント


認証コード3573

コメントは管理者の承認後に表示されます。